あおやぎ医院 内科,外科,小児科,胃腸内科,整形外科,リハビリ科,アレルギー科

診療設備

電子内視鏡(経口、経鼻)

 最新の電子内視鏡で、上部消化管(食道、胃、十二指腸)の検査を行ないます。粘膜面の炎症や異常を直接、検査したり、病変箇所のピロリ菌の存在の有無も確かめることが出来ます。経口、経鼻の2タイプあります。

 

 

 

 

 

超音波検査

 3.7MHzから12MHzの広範囲のレンジを持つ超音波検査装置により、肝臓、胆嚢膵臓、リンパ節、乳腺・甲状腺などの精密検査を行ないます。

 

 

 

  

エックス線透視装置

解像度のすぐれた最新のエックス線透視装置を備えています。
胸部腹部レントゲン検査、全身骨レントゲン検査、骨粗鬆検査、胃透視、注腸検査を行ないます。

 

 

 

 

理学療法機(S.S.P.)

 中国の鍼麻酔から発展した療法器です。「刺さない鍼治療」として広く医療で使用されています。
SSP電極の尖端から高密度の電流が皮膚内部に深く浸透し、痛みを伝える神経線維に作用し抑制します。
トリミックスリノスは、1/f ゆらぎモード、ディアル通電など治療効果を高める機能が搭載されています。

 

 

 

干渉波治療器

 心身ともに癒すために、異なる中周波電流を体内で交差させ、そこに発生する低周波電流で生体の深部を刺激する干渉療法を行います。この分野で長年の実績をもつ日本メディックスの最先端テクノロジーを結集した治療器です。

 

 

 

 

 

マイクロ波治療器

  いわゆる電子レンジの原理で皮膚から筋肉までほぼ均等に加湿し新陳代謝が促進されます。
神経痛、関節痛、打ち身、捻挫後の慢性痛、腰痛、肩こりなどに効果があります。

 

 

 

 

外観


院内

併設する施設など




更新日:2010-03-11